2019.03.25

ビジネスとエンターテイメントのフェスティバル!SXSW2019に行ってきた!

SXSW2019行ってきた

みなさんこんにちは!
「3rd-Factory(サードファクトリー)レポート」編集部のFです。

みなさんはSouth by South West(SXSW)サウス・バイ・サウスウエストというイベントをご存知でしょうか?

1987年に音楽の祭典としてスタートしたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)は年々規模を拡大し、今や音楽だけでなく「未来のテクノロジーを議論する場」そして「スタートアップの登竜門」としても世界的に有名なイベントとなりました。

近年のSXSWは、SXSWミュージック、SXSWフィルム、SXSWインタラクティブ、SXSWコメディの4部門が開催されています。

インタラクティブ部門はIT関連企業、スタートアップの新規事業アイデア、プロトタイプ紹介がメインとなっており、2007年にTwitter、2011年にAirbnb、2012年にはPinterestがSXSWで表彰され、ここから世界の注目を浴びることになったことでも有名です。

つまりSXSWに行けば面白いモノがある!・・・ということを聞きかじった我々編集部はさっそくSXSW2019に行ってきましたよ。

成田からダラス経由でSXSWが開催されているオースティンへ!!
オースティン

着いたぜ、オースティン!!

えっ・・・ちょっと待って!キック スクーター(キックボード)が至る所に置かれているよ!? これってアレじゃないですか?? 二か月前にCESで見たアレですよねっ!!

それではキックスクーターの使い方をご紹介!

オースティンの街ではざっと見たところUber、Bird、Limeの3社からキックスクーターのサービスが提供されていました。私のスマホにはUberのアプリがすでにDLしてありましたので、さっそくUberのキックスクーターに乗ってみました。

アプリを開くと、上の方にある「配車手配」のボタンを1回押すと「その他の乗り物」が選択できるんですよ。さっそく押してみましょう。ぽちっとなっ・・・と。

自転車とキックスクーターが地図上にいっぱい表示されます

自転車とキックスクーターが地図上にいっぱい表示されます。

乗りたいキックスクーターを確保したら、Uberアプリの「SCAN TO RIDE」のボタンを押してハンドルに付いた二次元コードを読み込む!
・・・ロックが解除されて乗れるようになります。やったー!!

安全運転で移動しましょう!ちなみに歩道は走っちゃダメなルールですよ。

終了する時も簡単ですよ。

「レンタルを終了する」ボタンを押して、背景付きのスクーターの写真を撮って、支払いボタンを押したらおしまい。

「レンタルを終了する」ボタンを押して、背景付きのスクーターの写真を撮って、支払いボタンを押したらおしまい。あら、簡単!

ちなみに編集部員はオースティンの中心地から3キロほどキックスターターで遠出してみましたが、車と一緒に車道を走るのは怖いです。事故が起きそうなのであまりおススメしません・・・。街中だけにしておきましょうかね。

それではSXSWの会場に潜入しましょう!!

入場パスを貰ってから会場の中に入ります。

入場パスを貰ってから会場の中に入ります

CESの時と同じように顔つきのパスを貰ったら入場です!

どーん!

さぁ、ここからは一気にご紹介しますよ~
まずはバンダイナムコブースからご紹介!

いかがでしたでしょうか??
SXSWはコンベンションセンターの中以外にも街中にサテライト会場(企業ブース)があります。期間中はオースティンの街全体がSXSWのFestival会場となっていますので、朝から夜まで楽しめるんです。

みなさんも機会があったらぜひ行ってみてください!

今回ご紹介した内容以外にも、ロボ先輩や三郎のTwitterではSXSW2019を色々と紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。
皆様のフォローを心よりお待ちしています!

それではごきげんよう!!

次回レポートで、またお会いしましょう。

South by South West (SXSW)2019 サウス・バイ・サウスウエスト2019
会場アメリカ テキサス州 オースティンコンベンションセンター
開催日  2019年3月8日~3月17日