2019.11.15 行って、見て、聞いてきた

自分に合ったウェディングを自分でプロデュースできる!〝エアブライダル株式会社〟

「エアブライダル株式会社」行ってきた

こんにちは!「3rd Factory レポート」編集部のFです!

バンダイナムコアクセラレーター2019〟プログラムに参加している5社に迫る本シリーズ。第3回目は、エアブライダル株式会社さんの取材へ行って参りました!

エアブライダル株式会社は、2018年4月に設立。2019年4月には、結婚式をセルフで手頃に行うプランニングをお手伝いするサービスをスタート!

9月のビジネスプランコンテストでも、未来のウェディングをバンダイナムコグループと共創していきたいと語っていたエアブライダル株式会社。具体的にはいったいどのようなサービスを展開していく予定なのでしょうか?

エアブライダル社と共に結婚式をセルフプロデュース!

代表取締役の遠山純生(とおやま すみお)さんにお話を伺いました。

——まず、エアブライダル株式会社がどのような会社なのか教えてください。

遠山:セルフプロデュースで結婚式を挙げようと思う人たちに、ウェディングサービスの提供をしています。そして、自分で計画して管理をするツールの開発と提供も行っています。

——具体的にどのようなサービスなのでしょうか?

遠山:結婚式場やドレスショップの情報を提供しており、初めての人でも簡単に結婚式を作ることができますまた、管理ツールを提供していおりToDoリストや予算管理、ゲストの管理も手軽にできるようになっています。

——管理ツールも作られているんですね。

遠山:はい。例えば結婚式にプランを依頼すると「ゲストリストを作ってください」と、エクセルのシートを渡してくるんですが、最近はスマホネイティブが増えた影響でエクセルシートが扱えず、リストが作れない方が増えてきているんです。そのような方がスマホでも使えるツール、と言うことで弊社の管理ツールが便利なのだと思います。

事業開始のきっかけは、背筋が凍った実体験

——この事業を立ち上げたきっかけをお聞かせください。

遠山:私は2016年に結婚をしたんですけど、その時に「なんだこれは!」と思ったのがきっかけですね。

——何があったんですか?

遠山:結婚式を挙げようと式場へ行ったら「今日契約したら基本プラン10%引きです」とまず言われまして、会場も気に入ったのでその場で契約をしたんです。でも次の日にドレス屋さんへ行ったら、「基本プラン以外のドレスを選ぶと追加料金が必要です」と。お花屋さんからは「基本プランですと造花です」と言われるんですよね。ドレスと本物のお花がそれぞれ40万円(笑)。最終的に、当初想定していた値段からだいたい1.5倍くらいになってしまいました。

——それが業界の常識なんですか?

遠山:昔からのビジネスモデルらしいですね。既存の事業者がビジネスモデルを変えられないんだったら、そこがチャンスになるんじゃないかなと思いました。環境の変化はすでに起こっているわけですので。

——どのような変化が起こっているのでしょうか?

遠山:まず、結婚式の規模が小さくなってきているんですよ。少人数で「自分たちで楽しくやろうよ」という流れになってきているんです。私は100人規模のいわゆる昭和的な結婚式をしたんですが、それをやろうと思ったらかなりのお金をかけないといけませんからね。昔はお披露目をすることが目的だったんですが、今は身内のものになっていると言う印象です。

——たしかに、今までの結婚式は「みなさんのため」というイメージでしたね。

遠山:昔は親が「お金出すから、結婚式をちゃんとやりなさい」という風潮があったんですけど、今はあんまりなくなってきてますね。規模の縮小も進んでいますが、そもそも婚姻届を出している中でだいたい55%〜60%くらいしか結婚式を挙げていません。

——そういえば、僕の知り合いも結婚式を挙げてない人が結構います。

遠山:お金がないから、あまり目立ちたくないなど、様々な理由で結婚式自体が敬遠されつつありますね。ただ夫婦2人だけで挙げるなど、結婚式にもいろんな形があっていいと思うんですよね。この結婚式を挙げていない方々が多い、という現状にビジネスチャンスがあると考えていますね

まず目指すのは、DemoDayでウェディングのお披露目

——バンダイナムコアクセラレータープログラムで採択された時、反響はありましたか?

遠山:さっそく銀行から電話がありました!それと、結婚業界の企業様から「お付き合いしませんか?」というメールも届きました。採択されたことで各所からかなり興味を持っていただけていますね。

——現在、エアブライダルさんの事業は動いているんでしょうか?

遠山:まだウェディングそのものは開催していませんが、計画管理ツールを多くの方にお使いいただいています。公式サイトにもサービスを掲載していないので、ある程度サービスをパック化できたところで展開しようと考えています。

——それでは、今後の青写真をお聞かせください!

遠山:まず短期的には、DemoDayでウェディングをやってもらおうと思ってます!ニーズはかなりあると思いますので募集をしていきたいと思います。

——長期的にはどのような目標をお持ちでしょうか?

遠山:せっかく採択していただいたので、エアブライダルとバンダイナムコエンターテインメント様のお互いが長期的にwin-winになるようなサービス展開をしていきたいと考えています!サービス内容は…まだ言えません(笑)!

 

ウェディングの新しい形を考えているというエアブライダル株式会社。なにやら頭の中にはアイデアがある様子。近い将来の結婚式が劇的に変わっているかも。期待してます!

次回もバンダイナムコアクセラレーター2019採択企業をご紹介します!それでは、お楽しみに!